Top >  世界遺産関連の本 >  奈良の寺 ― 世界遺産を歩く (岩波新書)

奈良の寺 ― 世界遺産を歩く (岩波新書)

奈良の寺 ― 世界遺産を歩く (岩波新書)奈良の寺 ― 世界遺産を歩く (岩波新書)

岩波書店 刊
発売日 2003-06-21




一般向け考古学知識書 2004-03-10
 奈良文化財研究所は日本史、特に古代史をやってる人間は知らない人はいない、と思うほど有名な団体です。奈良全般の文化財の調査・研究のほか、一般向けには平城宮跡と飛鳥にある資料館、朱雀門と称徳天皇ゆかりの東院庭園の復元など、積極的に活動している団体です。
 本屋でこの本を見たとき、あの奈文研が新書みたいな一般向けの本を出してるのか、とちょっとびっくりしましたが。法隆寺・薬師寺・興福寺・唐招提寺・東大寺などと言った南都の大寺のほか、寺ではないですが平城宮跡・春日大社などに関して、発掘調査の結果の中心に奈文研のそれぞれの学者さんたちが書かれた文章を集めてあります。1トピックス辺り、2・3ページほどなので、読みやすいのも特色でしょうか。一般向け考古学知識書って感じです。
 考古学には疎いんで随分勉強になりました。


さらに詳しい情報はコチラ≫


奈良の寺 ― 世界遺産を歩く (岩波新書)は、大変わかりやすくまとめられています。 この本の内容を実践していただければ、本物だということが実感いただけると思います。 奈良の寺 ― 世界遺産を歩く (岩波新書)は、健康を願うすべて人が、今すぐ読むべき本といえるでしょう。 この本は読んでいて抵抗なくスンナリ入ってきます。 この本は教科書として、購入し、頻繁に読み返しております。 奈良の寺 ― 世界遺産を歩く (岩波新書)は、本の値段以上の価値があると思います。また、こういう問題に興味のない方にこそオススメしたい傑作です!

 <  前の記事 中国紀行・世界遺産の旅(1)/ 故宮と北京  |  トップページ  |  次の記事 世界遺産の森 屋久島―大和と琉球と大陸のはざまで (平凡社新書) |青山 潤三  > 

         
  • seo
このページについて

このページは「世界遺産・ザワールドヘリテージgoods」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。