Top >  世界遺産関連の本 >  添乗員世界遺産旅がらす (角川文庫) |岡崎 大五

添乗員世界遺産旅がらす (角川文庫) |岡崎 大五

添乗員世界遺産旅がらす (角川文庫)添乗員世界遺産旅がらす (角川文庫)
岡崎 大五
角川書店 刊
発売日 2004-03-25




世界遺産と人情 2005-10-31
 岡崎大五氏の『添乗員』シリーズの第四弾。ハドリアヌスの長城、アンコール・ワット、パルミラなど世界遺産を訪れる旅をテーマとしている。
 本書で描かれているのは「人情」。ツアーの参加者同士が旅を続ける中で仲良くなっていく。もちろん、そこには喧嘩やもめごともあり、そうした対立を経て友情が生まれていくのである。
 4冊目ということもあり、筆さばきがかなり巧みになっている。人情と世界遺産を存分に楽しんで欲しい。


さらに詳しい情報はコチラ≫


添乗員世界遺産旅がらす (角川文庫) を友人に強く薦められて読んでみました。友人がこの添乗員世界遺産旅がらす (角川文庫) を読むことを強く薦めた訳がわかりました。

それは目からウロコが落ちるような情報が書かれていたからです。

添乗員世界遺産旅がらす (角川文庫) に書かれているその内容は、単に目からウロコが落ちるといった程度ではなく、目からウロコが5枚も、ボタッボタッボタッ・・と落ちる程でした。

久しぶりに読後は、読んで良かったと思える内容です。

この添乗員世界遺産旅がらす (角川文庫) を薦めてくれた友人に感謝しています。

情報格差と言う言葉がありますが、知らないと損することってあるんですよね。

そうならないためにも、私から次の友人に薦めたいと思います。

 <  前の記事 超古代文明と神々の謎―太古に封印された宇宙人の遺産  |  トップページ  |  次の記事 【5千円(税抜)以上購入で送料無料】【DVD】世界遺産 / 中国 4  > 

         
  • seo
このページについて

このページは「世界遺産・ザワールドヘリテージgoods」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。