Top >  ヨーロッパ地域の世界遺産 >  世界遺産・イギリス ウェストミンスター宮殿、ウェストミンスター修道院と聖マーガレット教会

スポンサードリンク

世界遺産・イギリス ウェストミンスター宮殿、ウェストミンスター修道院と聖マーガレット教会

「ウェストミンスター宮殿(the Palace of Westminster)」は、英国ロンドンの中心部テムズ川河畔に位置し、現在英国議会が議事堂として使用されています。このウェストミンスター宮殿に併設されている時計塔(ビッグ・ベン)と宮殿は、共にロンドンを代表する景色として有名です。

ロンドンのウエストミンスターにあるイギリス国教会の教会、ウェストミンスター修道院(Westminster Abbey)は、戴冠式などの王室行事が執り行われる教会(聖ペテロ修道教会)としても知られています。
1987年に、これらウェストミンスター宮殿、ウェストミンスター寺院および聖マーガレット教会を含めて、ユネスコの世界遺産(文化遺産)に登録されました。ウェストミンスター宮殿は、11世紀に建設されてから中世後期まで、歴代の王の居城として使われました。13世紀に国王ヘンリー3世が莫大な費用を投じて、ウェストミンスター修道院は豪華なゴシック様式へと改修されています。
イングランド政府が成立すると、ウェストミンスター周辺にほとんどの公共施設が建設されるようになりました。

スポンサードリンク

 <  前の記事 世界遺産・モロッコ王国 マラケシュ旧市街  |  トップページ

         

更新履歴

    • seo
このページについて

このページは「世界遺産・ザワールドヘリテージ」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。