Top >  北米、南米地域の世界遺産 >  世界遺産・ブラジル・アルゼンチン イグアスの滝/イグアス国立公園

スポンサードリンク

世界遺産・ブラジル・アルゼンチン イグアスの滝/イグアス国立公園

轟音を響かせながら流れ落ちるイグアスの滝は、南米大陸のブラジルとアルゼンチンの国境にあり、世界三大瀑布の一つに数えられています。先住民の言葉で「壮大な水または大いなる水」の意味を持つイグアス(Iguazu)は、大小270以上の滝が連なり、最大落差80メートル以上から大量の水を落下させています。中でも、「悪魔の喉笛」(Garganta del Diablo)と呼ばれているスポットが、アルゼンチン側に位置し、有名な観光名所として知られています。

そしてまた、対岸のブラジル側の展望台からも迫力ある「悪魔の喉笛」は見ることができます。イグアスの滝には、長年地元の人々に語り継がれる「滝にかかる虹」という伝説があります。
その伝説とは、シャーマンが「世にも不思議なことを起こす」という神のお告げを聞いた後に、月の光に照らされた神秘的な虹が滝に見えたというものです。ユネスコの世界遺産(自然遺産)には1984年に登録されました。

スポンサードリンク

 <  前の記事 世界遺産・ブラジル連邦共和国 オウロ・プレット  |  トップページ  |  次の記事 世界遺産・イギリス ストーンヘンジ、エーヴベリーと関連する遺跡群  > 

         

更新履歴

    • seo
このページについて

このページは「世界遺産・ザワールドヘリテージ」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。