Top >  北米、南米地域の世界遺産 >  世界遺産・コロンビア共和国 サン・アグスティン遺跡公園

スポンサードリンク

世界遺産・コロンビア共和国 サン・アグスティン遺跡公園

サン・アグスティン遺跡公園は、独特な石彫で知られる遺跡公園で、コロンビアのマグダレナ川上流の山岳地帯に位置しています。主な遺跡は30箇所も有し、コロンビアの首都ボゴタからは南西に約350キロメートル離れており、南米では最大の規模を誇ります。
このサン・アグスティン遺跡公園のある立地は交易の要衝地ともいえる場所で、東はカケタ川からアマゾン川へ、西はパティア川から太平洋へ、北はマグダレナ川からカウカ川を経由してカリブ海へと抜けるというような場所です。

サン・アグスティン文化を築いた人々は、交易品やトウモロコシ栽培、果物など食用にするための植物採集によって生活の糧を確保していた人々でした。スペイン人の修道士が1757年の旅行記に書いたのが最初の記録として残されています。その後、一攫千金を求める山師やエル・ドラド(黄金郷)を求める探検家により、サン・アグスティン遺跡は所々荒らされました。
1995年に、サン・アグスティン考古公園とロス・イドロスの丘およびラス・ピエドラスの丘の遺跡群が、ユネスコの世界遺産(文化遺産)に登録されています。

スポンサードリンク

 <  前の記事 世界遺産・エクアドル共和国 ガラパゴス諸島  |  トップページ  |  次の記事 世界遺産・アルメニア共和国 エチミアジンの大聖堂と教会群ならびにズヴァルトノツの考古遺跡  > 

         

更新履歴

    • seo
このページについて

このページは「世界遺産・ザワールドヘリテージ」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。