Top >  北米、南米地域の世界遺産 >  世界遺産・アルゼンチン共和国 イスキグアラスト/タランパヤ自然公園群

スポンサードリンク

世界遺産・アルゼンチン共和国 イスキグアラスト/タランパヤ自然公園群

イスキグアラスト州立公園とタランパヤ国立公園は、アルゼンチン北西部に位置し、「イスキグアラスト/タランパヤ自然公園群」として、ユネスコの世界遺産(自然遺産)には2000年に登録されています。

この、三畳紀の陸地部分の堆積物が露出している、イスキグアラスト/タランパヤ自然公園群一帯には、恐竜や爬虫類などの化石がたくさん発見されています。イスキグアラスト州立公園では、70種類もの植物化石が地質調査の結果見つかっています。また化石密集層も発見されており、現在は科学的な研究や地質調査がされるようになりました。タランパヤ国立公園は、ラ・リオハ州の中西部に位置しており、古生物学的また考古学的にも重要な発見が数多くされています。
また、先住民の遺跡も岩石刻画のようなもので見つかっています。山岳地帯に典型的な植物相・動物相を有し、優れた景観を持つ「タランパヤ国立公園」では、グアナコやウサギ、ラマ、キツネ、コンドルなど多く見ることができます。

スポンサードリンク

 <  前の記事 世界遺産・タンザニア連合共和国 セレンゲティ国立公園  |  トップページ  |  次の記事 世界遺産・エクアドル共和国 ガラパゴス諸島  > 

         

更新履歴

    • seo
このページについて

このページは「世界遺産・ザワールドヘリテージ」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。