Top >  北米、南米地域の世界遺産 >  世界遺産・アメリカ合衆国 エバーグレーズ国立公園

スポンサードリンク

世界遺産・アメリカ合衆国 エバーグレーズ国立公園

四国の約1.5倍(6,105平方キロメートル)の面積を持ち、アメリカ合衆国のフロリダ半島南端に広がるエバーグレーズ国立公園は広大な湿原地帯です。
このエバーグレーズ国立公園には、数多くの種類の動植物が生息しており、それは熱帯から亜熱帯の幅広い自然環境を持っているためでした。
しかし、1970年以降になるとその数も急速に減っています。そしてユネスコの危機遺産に1993年には指定されました。

エバーグレーズ国立公園の湿地帯は、かつてフロリダ半島中央に水源を持つものでしたが、1950年代になると湿地帯のおよそ半分近くが農地や住宅地へと変えられしまいました。このような農業開発と都市化の影響で、湿地の生態系が崩れたのです。4分の1から10分の1以上も数を減らしてしまった、シロトキやアメリカトキコウ、フロリダパンサーなど生息していますが、数は減っていても今でも多くの動物が暮らしています。ミジカオノスリ、オオハシカッコウ、オオフラミンゴ達は公園内で有名です。また絶滅の危機に瀕しているフロリダピューマも見ることができます。

スポンサードリンク

 <  前の記事 世界遺産・アメリカ合衆国 グランド・キャニオン  |  トップページ  |  次の記事 世界遺産・アイルランド共和国 スケリッグ・マイケル  > 

         

更新履歴

    • seo
このページについて

このページは「世界遺産・ザワールドヘリテージ」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。