Top >  北米、南米地域の世界遺産 >  世界遺産・アメリカ合衆国 グランド・キャニオン

スポンサードリンク

世界遺産・アメリカ合衆国 グランド・キャニオン

アメリカ合衆国アリゾナ州北部内にある、グランド・キャニオン(Grand Canyon)は、コロラド川が赤い大地を侵食して作った景観で、450キロにわたって続く広大な峡谷地帯です。
アメリカ合衆国内でも初期の国立公園の一つが、このグランド・キャニオンです。ユネスコの世界遺産(自然遺産)には、1979年に登録されました。

グランドキャニオンを含むこの周辺地域は、『カイバブ・アップリフト』と呼ばれる地球の地殻変動による隆起で形成されました。その後、コロラド川の激流が数百年にわたって平原を侵食していきました。約200万年前には、現在に見られるような峡谷になったとされています。今でも激流がおよそ100年間で2センチづつ、25億年前の原始生命が誕生した頃の地層の川底を削り侵食しています。
また、グランド・キャニオンと峡谷の標高差はおよそ2000メートルにもなり、1200メートルの平均標高差があります。

スポンサードリンク

 <  前の記事 世界遺産・アメリカ合衆国 イエローストン国立公園  |  トップページ  |  次の記事 世界遺産・アメリカ合衆国 エバーグレーズ国立公園  > 

         

更新履歴

    • seo
このページについて

このページは「世界遺産・ザワールドヘリテージ」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。