Top >  アフリカ地域の世界遺産 >  世界遺産・モロッコ王国 フェス旧市街

スポンサードリンク

世界遺産・モロッコ王国 フェス旧市街

フェズ旧市街は、アフリカ北西端、モロッコ王国北部の内陸都市の古都です。ユネスコの世界遺産(文化遺産)には1981年に登録されました。
かつては、マリーン朝やイスラム王朝が首都としていた旧市街地(メディナ)は、迷宮のように入り組んでいる街であることがが良く知られています。

旧市街地(メディナ)以外にも、フェズ旧市街の歴史建造物や観光スポットは多数あります。カラウィーン・モスクやカラウィーン大学(神学校)、サファリーン・マドラサ、ムーレイ・イドリス廟、貸し鍋屋のスーク、ナジャリン・フォンドック(隊商宿)、アンダルース・モスク、タンネリ(皮なめし工房)などに人気があります。1000本あるとも言われる筋が複雑に交差する路地が迷宮と呼ばれる旧市街地(メディナ)の最大の特徴です。一見、無秩序に作られたように見えますが、実は千年にも渡って培われた様々なイスラム教の知恵が根付いていると言われています。

スポンサードリンク

 <  前の記事 世界遺産・モザンビーク共和国 モザンビーク島  |  トップページ  |  次の記事 世界遺産・モロッコ王国 マラケシュ旧市街  > 

         

更新履歴

    • seo
このページについて

このページは「世界遺産・ザワールドヘリテージ」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。