Top >  アフリカ地域の世界遺産 >  世界遺産・南アフリカ共和国 スタークフォンテン、スワートクランズ、クロムドライおよび周辺地域の人類化石遺跡群

スポンサードリンク

世界遺産・南アフリカ共和国 スタークフォンテン、スワートクランズ、クロムドライおよび周辺地域の人類化石遺跡群

南アフリカの北部、ヨハネスブルクの北に位置している、スタークフォンテン、スワートクランズ、クロムドライおよび周辺地域の人類化石遺跡群は、ユネスコの世界遺産(文化遺産)に1999年に登録されています。
現在では、タウング頭骨化石遺跡やマカパン渓谷なども周辺地域として、新たに追加されています。アウストラロピテクスや、パラントロプス・ロブストスなど、たくさんの人類化石が発見されている場所であるのが、スタークフォンテン、スワートクランズ、クロムドライ、それぞれの地なのです。
このことから、「人類のゆりかご」や「人類発祥の地」と、これらの地域とその周辺地域も含めた一帯は称されています。スタークフォンテンの洞窟では、「アウストラロピテクス・アフリカヌス」と名付けられた小さい頭蓋骨が発見されました。また、アウストラロピテクスの亜種、パラントロプス・ロブストスがスワートクランズで発見されました。アウストラロピテクスの化石が発見された、クロムドライは鍾乳洞が有名です。

スポンサードリンク

 <  前の記事 世界遺産・マリ共和国 バンディアガラの断崖  |  トップページ  |  次の記事 世界遺産・南アフリカ共和国 フレデフォート・ドーム  > 

         

更新履歴

    • seo
このページについて

このページは「世界遺産・ザワールドヘリテージ」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。