Top >  アフリカ地域の世界遺産 >  世界遺産・マリ共和国 バンディアガラの断崖

スポンサードリンク

世界遺産・マリ共和国 バンディアガラの断崖

ドゴン人の地とも言われている、マリ共和国の「バンディアガラの断崖」は、ドゴン族の居住地域となっている断崖です。150キロメートル、高さ(標高差)は500メートルにも、この断崖の幅はおよびます。
ドゴン族はおよそ700からなる集落をこの壮観な断崖のあちこちや、断崖の裾野に作りました。ドゴン族がこの断崖といった自然環境に定住の地として住み始めるよりも以前には、テラン族たちが居住地として住んでいました。しかし、ドゴン族が多数入ってきたことにより、テラン族が追い出されてしまいました。
ドゴン族はキリスト教やイスラム教に帰依することなく、独自の神話を伝承しつづけ、その神話の中には、シリウスに関する非常に高度な知見も含まれており、その神話を強固なまで保持し続けたのでした。このように伝統文化を重んじ継承しながら集落を営んできたドゴン族ですが、最近では都市への人口流出が見られ始めました。ユネスコの世界遺産(文化遺産)に1989年に、登録されています。

スポンサードリンク

 <  前の記事 世界遺産・マリ共和国 トンブクトゥ  |  トップページ  |  次の記事 世界遺産・南アフリカ共和国 スタークフォンテン、スワートクランズ、クロムドライおよび周辺地域の人類化石遺跡群  > 

         

更新履歴

    • seo
このページについて

このページは「世界遺産・ザワールドヘリテージ」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。