Top >  アフリカ地域の世界遺産 >  世界遺産・マリ共和国 トンブクトゥ

スポンサードリンク

世界遺産・マリ共和国 トンブクトゥ

「トンブクトゥ」は、西アフリカのマリ共和国内ニジェール川沿いに位置し、砂漠の民トゥアレグ族の都市で、ティンブクトゥとも呼ばれていました。古代よりサハラ砂漠を越えたアフリカ内陸の黒人と北アフリカからやってくるベルベル人やイスラム教徒の商人が出会う交易拠点として、この都市トンブクトゥは栄えました。
また、ヨーロッパからの商人とも間接的につながりがあり、この都市トンブクトゥの様々な伝説や物語が伝わっていました。その中の多くは、「トンブクトゥ」という言葉が「異国」や「遠い土地」の比喩として使われていました。なぜなら、都市トンブクトゥにたどり着くのが困難であったからです。
また、交易品は金や象牙、奴隷、塩などが集まるような、重要な都市であったことから、その途方もない富の物語や伝説も数多く伝えられるところとなり、多くのヨーロッパ人がアフリカへ探検に向かいました。
しかし、人の流れがサハラ砂漠を経由せずに、海路を渡って西アフリカに上陸されるようになると、都市は衰退していきました。ユネスコの世界遺産(文化遺産)に1988年に登録されています。

スポンサードリンク

 <  前の記事 世界遺産・レバノン ビブロス遺跡  |  トップページ  |  次の記事 世界遺産・マリ共和国 バンディアガラの断崖  > 

         

更新履歴

    • seo
このページについて

このページは「世界遺産・ザワールドヘリテージ」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。