Top >  アフリカ地域の世界遺産 >  世界遺産・マラウイ共和国 マラウイ湖国立公園

スポンサードリンク

世界遺産・マラウイ共和国 マラウイ湖国立公園

アフリカ大陸の中でも3番目の大きさを誇る湖、マラウイ共和国にあるマラウイ湖は、四国の1.5倍、マラウイ共和国の国土の4分の1を占めるほどの面積です。最大深度は706メートルもあり、500種以上の魚類が確認されています。この湖の500種以上の魚は、すべてこの湖の固有種というのが特徴です。
マラウイ湖は別名、「湖のガラパゴス諸島」の異名があります。世界的にも類を見ないマラウイ湖のような、固有種の多さ、多彩な進化は、非常に珍しいとされています。
マラウイ湖は、マラウイ、タンザニア、モザンビークにまでまたがっています。しかしマラウイ共和国領内の湖の南端にあたるごく一部分が国立公園とされているだけで、それは全面積のわずか0.3%程度を占めるに過ぎません。1984年にマラウイ湖国立公園はマラウイ湖を対象とする国立公園として、淡水湖としては、初めてユネスコの世界遺産(自然遺産)に登録されました。

スポンサードリンク

 <  前の記事 世界遺産・マダガスカル共和国 ツィンギ・ド・ベマラハ厳正自然保護区  |  トップページ  |  次の記事 世界遺産・イギリス セントキルダ島  > 

         

更新履歴

    • seo
このページについて

このページは「世界遺産・ザワールドヘリテージ」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。