Top >  アフリカ地域の世界遺産 >  世界遺産・チュニジア共和国 スース旧市街

スポンサードリンク

世界遺産・チュニジア共和国 スース旧市街

現在チュニジア第三の都市となっており、チュニジア中東部に位置する都市スースは、地中海、ハマメット湾に面しています。また、ヨーロッパの観光客にはビーチリゾート地として知られ賑わっており、「サヘルの真珠」と称されるほど非常に美しい町です。
9世紀北アフリカにイスラム勢力が進出してきた頃の姿が、今もなお完全な形で残されている町です。スース旧市街は防衛都市として機能しており、入り口にあるモスクも城壁の機能を第一優先として考えられ、堅牢な城壁で囲い建てられました。
「リバト」は、スース旧市街の中でも一番古いモスクのそばにある建物で、要塞と礼拝の場を兼ねて建てられたものです。二階の回廊はイスラム教徒たちの住まいにもなっていますが、いくつもある銃眼は彼らの警戒心を今でも物語っているようにも見えます。高さ38メートルもあるリバトの塔は、上から町や港を監視することが出来ました。ユネスコの世界遺産(文化遺産)に、1988年登録されています。

スポンサードリンク

 <  前の記事 世界遺産・ニュージーランド ニュージーランド亜南極諸島  |  トップページ  |  次の記事 世界遺産・チュニジア共和国 ケルアン  > 

         

更新履歴

    • seo
このページについて

このページは「世界遺産・ザワールドヘリテージ」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。