Top >  アフリカ地域の世界遺産 >  世界遺産・チュニジア共和国 円形闘技場エル・ジェム

スポンサードリンク

世界遺産・チュニジア共和国 円形闘技場エル・ジェム

『エル・ジェム』は、かつてローマ帝国の属州として繁栄し、ローマ遺跡が数多く眠るアフリカ・チュニジア南東部に位置しています。その繁栄を示すように、ローマ帝国のコロッセオに匹敵するほどの巨大な円形闘技場が作られたのです。1979年に、この巨大な円形闘技場『エル・ジェム』が、ユネスコの世界遺産(文化遺産)に登録されています。

3世紀初め、円形闘技場『エル・ジェム』が建設された頃、カルタゴに続くローマ帝国の北アフリカ第2の都市の座を競うほど、町は栄えていました。
周囲400メートル、収容人員35,000人の規模を、円形闘技場『エル・ジェム』は誇ります。しかし、ローマの『コロセウム』の収容人員は45,000人もあります。外層は、オスマントルコに三分の一ほどが破壊されましたが、重厚な姿は当時のそのままです。
エル・ジェムの特徴は、地下通路が当初から設計されており、ここには出番を待つ野生動物や、剣闘士たちの部屋がありました。エル・ジェムの貴族たちは、ローマ帝国に対抗し自分たちの富を誇示するためにコロッセオを建築したのです。

スポンサードリンク

 <  前の記事 世界遺産・チュニジア共和国 カルタゴ遺跡  |  トップページ  |  次の記事 世界遺産・チュニジア共和国 ケルクアンの古代カルタゴの町とその墓地遺跡  > 

         

更新履歴

    • seo
このページについて

このページは「世界遺産・ザワールドヘリテージ」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。