Top >  アフリカ地域の世界遺産 >  世界遺産・チュニジア共和国 カルタゴ遺跡

スポンサードリンク

世界遺産・チュニジア共和国 カルタゴ遺跡

「カルタゴ」は、チュニジア共和国の首都チュニスに程近いチュニス湖の東岸に位置し、北アフリカの古代都市でした。今では遺跡を目当ての観光地となっています。

1979年にこのカルタゴ遺跡が、ユネスコの世界遺産(文化遺産)に登録されました。
カルタゴ(Carthage)とは、フェニキア語で「新しい町」を意味しています。現在にまで残っているカルタゴのほとんどの遺跡は、ローマ時代のものとされています。
紀元前814年ごろに、ティルスのフェニキア人移住者によって古代都市カルタゴは建設されました。またカルタゴは地中海に面しており、主に交易の要所として栄えたのでした。
町の守り神はメルカルトで、言い伝えによると、女王ディドが建設したとされおり、町の起源に関する様々な神話が、古代ギリシアやローマの記録に残されているのです。

スポンサードリンク

 <  前の記事 世界遺産・チュニジア共和国 チュニス旧市街  |  トップページ  |  次の記事 世界遺産・チュニジア共和国 円形闘技場エル・ジェム  > 

         

更新履歴

    • seo
このページについて

このページは「世界遺産・ザワールドヘリテージ」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。