Top >  アフリカ地域の世界遺産 >  世界遺産・チュニジア共和国 チュニス旧市街

スポンサードリンク

世界遺産・チュニジア共和国 チュニス旧市街

チュニス(Tunis)は、チュニジア共和国の首都であり、同国のチュニス州の州都でもある商業・工業の中心地です。チュニス湖とその西側の塩湖との間の地峡部に、このチュニス市街は位置しています。

観光名所は、世界史、ローマ史等で有名な『カルタゴ』、旧市街地で城壁に囲まれた『メディナ』、アグラブ朝時代およびハフス朝時代に造られた宮殿、噴水、霊廟、記念碑、イスラム聖職者学校等です。
1979年にチュニス旧市街地は、ユネスコの世界遺産(文化遺産)に登録されています。チュニスは古代フェニキア人によって建設された町です。カルタゴの近隣都市であり、当時は「チェニェス」と呼ばれ栄えていました。その後、ローマ帝国からビザンチン帝国、オスマントルコ帝国に統治されてきましたが、レコンキスタ運動が17世紀頃、イベリア半島(スペイン王国)で起こり、アンダルシア地方に住んでいたムーア人がチュニジアに移り住んできました。

スポンサードリンク

 <  前の記事 世界遺産・中央アフリカ共和国 マノヴォ=グンダ・サン・フローリス国立公園  |  トップページ  |  次の記事 世界遺産・チュニジア共和国 カルタゴ遺跡  > 

         

更新履歴

    • seo
このページについて

このページは「世界遺産・ザワールドヘリテージ」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。