Top >  アフリカ地域の世界遺産 >  世界遺産・中央アフリカ共和国 マノヴォ=グンダ・サン・フローリス国立公園

スポンサードリンク

世界遺産・中央アフリカ共和国 マノヴォ=グンダ・サン・フローリス国立公園

1988年にユネスコの世界遺産(自然遺産)に登録された、中央アフリカ共和国にある『マノヴォ=グンダ・サン・フローリス国立公園』は、南方のボンゴ高原(Bongos)と北方のアウク川(Aouk)に挟まれた地帯に位置しています。そのマノヴォ=グンダ・サン・フローリス国立公園は、アフリカ中央部に17,400平方キロメートルの広さを誇ります。

この国立公園内は、サバンナや氾濫原などの豊かな植生に富んでおり、大型哺乳類動物が多数生息しています。サバンナに生息している大型動物には、ライオン、チーター、ゾウ、クロサイ、イボイノシシ、カバ、コリンガゼル、ダイカー、アフリカスイギュウ、アヌビスヒヒ、サバンナモンキーなど50種以上がおります。
また、猛禽類など野鳥類は全部で320種にものぼるとされています。また、北部のアウク川流域は、乾季になっても干上がることがなく、そのため、一帯には多くの水鳥が生息しています。

スポンサードリンク

 <  前の記事 世界遺産・タンザニア連合共和国 キリマンジャロ国立公園  |  トップページ  |  次の記事 世界遺産・チュニジア共和国 チュニス旧市街  > 

         

更新履歴

    • seo
このページについて

このページは「世界遺産・ザワールドヘリテージ」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。