Top >  アフリカ地域の世界遺産 >  世界遺産・タンザニア連合共和国 キリマンジャロ国立公園

スポンサードリンク

世界遺産・タンザニア連合共和国 キリマンジャロ国立公園

タンザニア北部に位置し、標高5,895メートルのアフリカ大陸最高峰「キリマンジャロ (Kilima-Njaro) 」山域の国立公園を、『キリマンジャロ国立公園』とよびます。キリマンジャロは、南米のコトパクシ山に並ぶ標高を持つ世界最高峰級の死火山で東南約50キロメートル、南北30キロメートルに広がります。

スワヒリ語でキリマンジャロは、「キリマ(Kilima)」は「山」、「ンジャロ(njaro)」は「輝く」を意味します。キリマンジャロは3つの峰から形成されており、西からシラ峰、キボ峰、マウエンジ峰といいます。
ほとんど赤道付近でもある、キリマンジャロの中でも最も標高の高いキボ峰の頂上では、巨大な氷河が形成されています。キリマンジャロ一帯では標高別に自然環境が変わり、この氷河から供給される水で出来た高山湿地帯を始めに、砂漠、高山湿地帯、高地草原、草原、熱帯雨林と広がっています。キリマンジャロ山域を含むキリマンジャロ国立公園が、1987年にユネスコの世界遺産(自然遺産)に登録されました。

スポンサードリンク

 <  前の記事 世界遺産・タンザニア連合共和国 セルース猟獣保護区  |  トップページ  |  次の記事 世界遺産・中央アフリカ共和国 マノヴォ=グンダ・サン・フローリス国立公園  > 

         

更新履歴

    • seo
このページについて

このページは「世界遺産・ザワールドヘリテージ」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。