Top >  アフリカ地域の世界遺産 >  世界遺産・タンザニア連合共和国 セルース猟獣保護区

スポンサードリンク

世界遺産・タンザニア連合共和国 セルース猟獣保護区

動物たちの保護区となっているタンザニアにあるセルース猟獣保護区は、1982年に、ユネスコの世界遺産(自然遺産)に登録されました。
「セルース」は、元々は狩猟用の保護区として設定されていましたが、逆に現在では狩猟が禁止された純粋な保護区となっています。世界最大の面積の動物保護区を誇ります。
大型の哺乳動物が、セルース猟獣保護区内には万単位の数で生息しています。大型動物で、ゾウやアフリカスイギュウ、インパラ、オグロヌー、サバンナシマウマなどが、数万から10万頭以上の生息数を確認されています。
他にもキリンやカバ、レイヨウ、などもおり、大きく数が減ってしまったサイもいます。また、伝染病を媒介するツェツェバエや、猛毒を持っているブラックマンバなども生息しています。ユネスコに評価された点としては、このような動物相の多彩さとその規模、さらには人の手がほとんど入っていない所だとされています。また、植物相も2000種を超える品種が確認されています。

スポンサードリンク

 <  前の記事 世界遺産・ニュージーランド テ・ワヒポウナム  |  トップページ  |  次の記事 世界遺産・タンザニア連合共和国 キリマンジャロ国立公園  > 

         

更新履歴

    • seo
このページについて

このページは「世界遺産・ザワールドヘリテージ」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。