Top >  アフリカ地域の世界遺産 >  世界遺産・セネガル共和国 ゴレ島

スポンサードリンク

世界遺産・セネガル共和国 ゴレ島

セネガル共和国の首都ダカールの沖合いより約3キロメートル離れた所に浮かんでる島が、「ゴレ島」です。このゴレ島は、東西300メートル、南北900メートルほどでそれほど大きな島ではありません。ここには、セネガル共和国でも最古と言われているイスラム教のモスクが今でも残されています。

ゴレ島は、1444年にポルトガル人が上陸、1628年にはオランダによって占領され、その後イギリスとフランスも加わり主導権争いを繰り広げることになったのですが、最終的にはフランス領となりました。
そして、セネガル共和国として1960年に独立することができました。その後、1978年に、ユネスコの世界遺産(文化遺産)として登録されています。
ただし、奴隷貿易の拠点として栄えていた過去があるために、『負の世界遺産』としても数えられています。

スポンサードリンク

 <  前の記事 世界遺産・セイシェル共和国 ヴァレ・ド・メ自然保護区  |  トップページ  |  次の記事 世界遺産・セネガル共和国/ガンビア共和国 セネガンビアの環状列石  > 

         

更新履歴

    • seo
このページについて

このページは「世界遺産・ザワールドヘリテージ」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。