Top >  アフリカ地域の世界遺産 >  世界遺産・セイシェル共和国 ヴァレ・ド・メ自然保護区

スポンサードリンク

世界遺産・セイシェル共和国 ヴァレ・ド・メ自然保護区

セーシェルの島々の中で2番目の大きさを持つプララン島(Praslin)にある自然保護区ヴァレ・ド・メ渓谷自然保護区は、1983年に、ユネスコの世界遺産(自然遺産)に登録されていました。この保護区に群生している高さは30メートル以上にも成長するココ・デ・メールは、世界最大のヤシの実を付けます。

ヴァレ・ド・メ渓谷自然保護区には、ココ・デ・メールの他に4000本以上ものフタゴヤシが自生していて、この数は世界全体の25%ほどにあたります。現在では、この保護区内でこのフタゴヤシの実の採取は禁止されていますが、やはり不正な採取があるようです。
また、珍しい動植物も多数生息しています。この保護区内には世界三代珍鳥と呼ばれている、ブラックパロット、セイシェルキアシヒヨドリ、セイシェルルリバトなどの鳥類が生息しています。他にもカメレオンやアシナシヤモリなどの動植物が多く生息しています。

スポンサードリンク

 <  前の記事 世界遺産・セイシェル共和国 アルダブラ環礁  |  トップページ  |  次の記事 世界遺産・セネガル共和国 ゴレ島  > 

         

更新履歴

    • seo
このページについて

このページは「世界遺産・ザワールドヘリテージ」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。