Top >  アフリカ地域の世界遺産 >  世界遺産・ジンバブエ共和国 グレート・ジンバブエ遺跡

スポンサードリンク

世界遺産・ジンバブエ共和国 グレート・ジンバブエ遺跡

『グレート・ジンバブエ遺跡(Great Zimbabwe)』は、ジンバブエ共和国の首都ハラレから南へ300キロメートルのジンバブエ高原の南端サビ川の上流、標高約1000メートルに位置しており、大規模な石造建築遺跡です。

ジンバブエの言葉の意味は、ショナ語で『首長、王の宮廷の意味を含んだ「石の家」』という意味です。この遺跡を特定して指すときには、語頭に「グレート」を付けるのが昔からの慣わしです。また遺跡を建築したとされているショナ族の国家の通称名ともなっていますので、「グレート・ジンバブエ」の名称が使われています。
ジンバブエの王または首長の一族のために、建築された石造建築物群の遺跡の中心部は、直方体の花崗岩のブロックを積み上げた円や楕円形の建物の組み合わせです。これは、エンクロージャー(囲壁)と呼ばれています。この石造建築エンクロージャー群を大きく3つに分けると、北側の「アクロポリス」、南側の「谷の遺跡」、そして最も有名な「大囲壁」(グレート・エンクロージャー)に分けられます。1986年に、これらの石造建築物群はユネスコの世界遺産(文化遺産)に登録されています。

スポンサードリンク

 <  前の記事 世界遺産・ザンビア共和国 ヴィクトリアの滝  |  トップページ  |  次の記事 世界遺産・セイシェル共和国 アルダブラ環礁  > 

         

更新履歴

    • seo
このページについて

このページは「世界遺産・ザワールドヘリテージ」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。