Top >  アフリカ地域の世界遺産 >  世界遺産・ケニア トゥルカナ湖国立公園群

スポンサードリンク

世界遺産・ケニア トゥルカナ湖国立公園群

ケニア北部に位置するトゥルカナ湖とその周辺にある3つの国立公園の総称をトゥルカナ湖国立公園群といいます。この3つの国立公園とは、東岸に立地するシビロイ国立公園、湖の中央やや南の火山島のセントラル・アイランド国立公園、そして南端近くのやはり火山島のサウス・アイランド国立公園からなります。ケニア野生生物公社(Kenya Wildlife Service: KWS)が、これらの国立公園を管理しています。

トゥルカナ湖の翡翠色をした湖水は、ケニアの他の国立公園と同じように、草木の生えていない絶壁の間を南北に伸びていてとても美しいな景観を持ちます。また、水鳥やナイルワニ、カバなどの生息地としてもトゥルカナ湖は有名です。植物と動物との集団研究に、多様な鳥類と砂漠環境を持つ生態系は、理想的な場所とされています。1997年にトゥルカナ湖国立公園群は、ユネスコの世界遺産(自然遺産)に登録されました。

スポンサードリンク

 <  前の記事 世界遺産・エチオピア アクスム の考古遺跡  |  トップページ  |  次の記事 世界遺産・アメリカ合衆国 イエローストン国立公園  > 

         

更新履歴

    • seo
このページについて

このページは「世界遺産・ザワールドヘリテージ」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。