Top >  アフリカ地域の世界遺産 >  世界遺産・エチオピア アクスム の考古遺跡

スポンサードリンク

世界遺産・エチオピア アクスム の考古遺跡

紀元前5世紀頃から紀元後1世紀までに、エチオピアのアクスム王国は交易国として栄えました。アクスムは、7世紀には衰退を始め、内陸の高地へと追いやられたのです。その後、西暦950年頃にクシ系アガウ族の女族長グディットによって滅ぼされました。

アクスム王国は、エザナ王の下でそれまでの多神教の信仰から、キリスト教受容に変わりました。今でもエチオピアの教会は単性論を奉じています。アクスム王国の独自の文字であるゲーズ語で、未だにその経典と祈祷書は書かれています。アクスムは国際的にも文化的にも重要な国でした。また、様々な文化が集う王国で、アクスムの都市にはユダヤ教徒からヌビア人、キリスト教徒さらには仏教徒までも共存していました。アクスム王国では強大な国で強い交易力を持っていましたが、7世紀にイスラム教が起こるとしだいに新興のイスラム帝国に圧迫されていきました。しかし、ムスリムとの友好関係を保ったため、イスラム帝国に侵攻や、イスラム化されることはありませんでした。

スポンサードリンク

 <  前の記事 世界遺産・エジプト 大ピラミッド群  |  トップページ  |  次の記事 世界遺産・ケニア トゥルカナ湖国立公園群  > 

         

更新履歴

    • seo
このページについて

このページは「世界遺産・ザワールドヘリテージ」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。