Top >  アフリカ地域の世界遺産 >  世界遺産・エジプト 大ピラミッド群

スポンサードリンク

世界遺産・エジプト 大ピラミッド群

紀元前2700年頃から、古代エジプト文明の象徴であるピラミッドは造られてました。
ピラミッドとは、四角錐状の巨石建造物の総称で、エジプトや中南米などで見られます。カイロ郊外の町ギザには、記念碑的な紀元前2500年頃に造られた三大ピラミッドがあります。
ギザの大ピラミッド(クフ王のピラミッド)、カフラー王のピラミッド、メンカウラー王のピラミッドが、ギザの三大ピラミッドとされており、規模・技術ともに最高水準だとされています。ピラミッドは、そのものが単体で成り立つものではなく、他の葬祭殿等との複合体として考えられています。
ピラミッドは、北面に入り口が設けられていて、玄室に至るまでの道や謎の部屋など、不可解な造りが多く残されています。
奴隷による強制労働によって、ピラミッドは造られたと考えられてきました。しかし最近発見された「工事に携わった人々の出勤簿」などから、奴隷ではなく実際に働いていたのは自由に休みをとれる人々ったことがわかってきました。このことから、ピラミッドの建設は、農閑期の公共事業だったのではないかと推測されています。

スポンサードリンク

 <  前の記事 世界遺産・エジプト 聖カトリーナ修道院(聖エカテリニ修道院)  |  トップページ  |  次の記事 世界遺産・エチオピア アクスム の考古遺跡  > 

         

更新履歴

    • seo
このページについて

このページは「世界遺産・ザワールドヘリテージ」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。