Top >  アフリカ地域の世界遺産 >  世界遺産・エジプト 聖カトリーナ修道院(聖エカテリニ修道院)

スポンサードリンク

世界遺産・エジプト 聖カトリーナ修道院(聖エカテリニ修道院)

6世紀に建立された、世界でも最古のキリスト教修道院の一つ聖カトリーナ修道院は、エジプト・シナイ半島にあるシナイ山の麓に建てられています。他には、聖エカテリニ修道院や聖カテリナ修道院、聖カタリナ修道院などとも呼ばれている聖カトリーナ修道院は、2002年にユネスコの世界遺産(文化遺産)に登録されています。
預言者モーセが神から十戒を授かったとされる場所であり、また同時に、モーセが「燃える芝」の間から初めて神の声を聞いたと言われている重要な聖地でもあるシナイ山に、聖カトリーナ修道院は建っています。

ビザンツ帝国皇帝によって聖カトリーナ修道院は、この「燃える芝」を砦のように囲むようにして造られました。シナイ半島の一帯はほとんどイスラムの地ですが、現在でもこの修道院で暮らしている修道士は居ます。キリスト教の修道士達は、イスラム教徒と敵対することなく、共存しながらこの聖地を守ってきました。そして建立されてから、1日も休むことなく1500年以上もの間、神への祈りを捧げて続けているのです。

スポンサードリンク

 <  前の記事 世界遺産・エジプト イスラム都市カイロ  |  トップページ  |  次の記事 世界遺産・エジプト 大ピラミッド群  > 

         

更新履歴

    • seo
このページについて

このページは「世界遺産・ザワールドヘリテージ」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。