Top >  アフリカ地域の世界遺産 >  世界遺産・アルジェリア タッシリ・ナジェール山脈

スポンサードリンク

世界遺産・アルジェリア タッシリ・ナジェール山脈

タッシリ・ナジェール山脈は、頂上付近の標高は2000メートル以上もあり、幅は約500キロメートルに渡って拡がっています。アルジェリア南東部の世界最大のサハラ砂漠の真ん中に位置しています。
タッシリ・ナジェールには、茸のような形の岩が無数に塔のように立ち並んでいて、まるで別の惑星にたどり着いたかのような錯覚を起こさせます。またさらに、古代人が描いた不思議な絵が2万点以上も、これら奇岩の岩陰に隠されていました。それは、ダンスに興じる古代人の姿や、牛や羊の群れ、そしてキリンの姿などの動物たちが、溢れんばかりの躍動感で描かれています。
しかし、多くの草食動物がモチーフに描かれていた場所は、一年に数ミリの雨しか降らないサハラ砂漠だという謎があります。もっとも、「河川の台地」という意味をもつタッシリ・ナジェールは、かつては豊富な水が存在し、穏やかな時代があったと推測されます。
タッシリ・ナジェールでは、絶滅危惧種である糸杉が多く生育し、考古学的な景観もあることから、「タッシリ・ナジェール国立公園」として国立公園、生物圏保護区、ラムサール条約登録地に指定されています。1982年には、ユネスコの世界遺産(複合遺産)に登録されています。

スポンサードリンク

 <  前の記事 世界遺産・オーストラリア タスマニア原生地域  |  トップページ  |  次の記事 世界遺産・エジプト アブ・シンベルからフィラエまでのヌビア遺跡群  > 

         

更新履歴

    • seo
このページについて

このページは「世界遺産・ザワールドヘリテージ」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。