Top >  オセアニア地域の世界遺産 >  世界遺産・ニュージーランド ニュージーランド亜南極諸島

スポンサードリンク

世界遺産・ニュージーランド ニュージーランド亜南極諸島

ニュージーランドから南へ200キロ程離れた地点にある5つの諸島(スネアーズ諸島、アンティポデス諸島、オークランド諸島、キャンベル島、バウンティ諸島)とその周辺は、ニュージーランド亜南極諸島といわれ、1998年に、ユネスコの世界遺産(自然遺産)に登録されています。

ここでは、この地域一帯でしか見ることの出来ない多くの貴重な鳥類や植物、昆虫などが生息しており、ここで確認されている鳥類は126種、その内海鳥は40種にもおよびます。これらの地域の生物は、進化を研究する上でとても重要な生き物となっています。
スネアーズ諸島の近海では、天候が不安定となり度々、暴風雨に襲われます。これは、南極からの寒流と太平洋からの暖流がちょうどぶつかり合う地点であるからです。また、寒流と暖流が衝突することによって、大量のプランクトンが発生し、プランクトンを食べる魚たちが多く集るため、鳥たちにとっては絶好の繁殖地となっているのです。

スポンサードリンク

 <  前の記事 世界遺産・ネパール王国 カトマンズの渓谷  |  トップページ  |  次の記事 世界遺産・チュニジア共和国 スース旧市街  > 

         

更新履歴

    • seo
このページについて

このページは「世界遺産・ザワールドヘリテージ」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。