Top >  オセアニア地域の世界遺産 >  世界遺産・ニュージーランド テ・ワヒポウナム

スポンサードリンク

世界遺産・ニュージーランド テ・ワヒポウナム

ニュージーランド南島南西部に位置するこのテ・ワヒポウナムには、クック山を含む大きな山が広がり、サザン・アルプス山脈を形成しています。
ここは、世界で最も人の手が入っていない地域として知られていました。なぜなら、あまりに険しい自然環境だからです。

クック山を含め、その壮大な光景は一見の価値があります。テ・ワヒポウナムはユネスコの世界遺産(自然遺産)に登録されていますが、まず1986年にフィヨルドランド国立公園が世界遺産として登録されたのを皮切りに、1990年にはアオラキ/マウント・クック国立公園、ウエストランド国立公園、マウント・アスパイアリング国立公園も世界遺産に登録されました。
また海岸部では、ミルフォード・サウンドと言われる1億年以上も前の氷河期にて形成されたフィヨルドが広がります。標高2000メートルを越える険しい頂きの数々、目がくらむほど深いフィヨルド海岸、どこまでも続く長大な氷河といった絶景ポイントが数多く点在しています。

スポンサードリンク

 <  前の記事 世界遺産・オーストラリア パーヌルル国立公園  |  トップページ  |  次の記事 世界遺産・タンザニア連合共和国 セルース猟獣保護区  > 

         

更新履歴

    • seo
このページについて

このページは「世界遺産・ザワールドヘリテージ」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。