Top >  オセアニア地域の世界遺産 >  世界遺産・オーストラリア フレーザー島

スポンサードリンク

世界遺産・オーストラリア フレーザー島

1992年に、ユネスコの世界遺産(自然遺産)に登録されたフレーザー島(Fraser Island)は、世界でもっとも大きな砂島です。オーストラリアの東海岸、クイーンズランド州にある島で、島内にある淡水湖が世界で最も透明度の高い湖の一つとされています。

ブリスベンから、北に約200キロメートル離れた海上にある、フレーザー島は南北175メートル、幅が25キロメートルの広域な砂地を形成しています。
このフレーザー島全域は、一般の観光客にも公開されていますが、グレート・サンディー国立公園として国立公園に指定されています。海辺でキャンプを楽しんだり、ホエールウォッチング(くじらを見る)等をして多くの観光客が余暇を満喫しています。しかし、島の一部分は自然環境保護のために、立ち入りが制限されている所もあります。

スポンサードリンク

 <  前の記事 世界遺産・オーストラリア ウルル(エアーズロック)-カタ・ジュタ国立公園  |  トップページ  |  次の記事 世界遺産・オーストラリア ハード島とマクドナルド諸島  > 

         

更新履歴

    • seo
このページについて

このページは「世界遺産・ザワールドヘリテージ」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。