Top >  オセアニア地域の世界遺産 >  世界遺産・オーストラリア タスマニア原生地域

スポンサードリンク

世界遺産・オーストラリア タスマニア原生地域

オーストラリア・タスマニア州(タスマニア島)にある、タスマニア原生地域(Tasmanian Wilderness)は、1982年にユネスコの世界遺産(複合遺産)に登録されました。タスマニアデビルの生息地としても、このタスマニア原生地域は有名です。
昔タスマニアデビルは、害獣とされ駆除されてきましたが、現在では絶滅の恐れがあるために保護動物にされています。このほかにもウォンバット、カモノハシなど、オーストラリア独特の多種多様な生物種や、タスマニア島の固有種が生息することでも有名です。
1万5000年前の玄武岩からなるタスマニア島の海岸の地形は、今では氷河によって削られた壮大な光景を有しています。
文化的遺産としては、アボリジニのステンシル技法で書かれた壁画や、石器なども見つかっていて、考古学的にもタスマニア原生地域は非常に貴重な場所となっています。

スポンサードリンク

 <  前の記事 世界遺産・オーストラリア グレート・バリア・リーフ  |  トップページ  |  次の記事 世界遺産・アルジェリア タッシリ・ナジェール山脈  > 

         

更新履歴

    • seo
このページについて

このページは「世界遺産・ザワールドヘリテージ」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。