Top >  オセアニア地域の世界遺産 >  世界遺産・オーストラリア グレート・バリア・リーフ

スポンサードリンク

世界遺産・オーストラリア グレート・バリア・リーフ

グレート・バリア・リーフ(Great Barrier Reef)は、オーストラリアの北東クイーンズランド州の沿岸にある世界最大の珊瑚礁で、1981年にユネスコの世界遺産(自然遺産)に登録されました。
この総延長距離2600キロメートルにも渡る、グレートバリアリーフは、3000箇所の独立したサンゴ礁と、大小900近くの島々から成り立ちます。今でも、グレート・バリア・リーフの珊瑚礁は成長を続けています。また、オーストラリアの国立公園として、グレート・バリア・リーフのほとんどの地域は認定されており、保護されています。

グレート・バリア・リーフの環境にまで、近年の地球温暖化問題は影響を及ぼしています。1998年から2002年にかけて起きている珊瑚の白化現象は、地球温暖化の影響とされています。グレートバリアリーフの島々は、リゾート、クルージング、ダイビングなどで人気のある観光地で、特にスキューバーダイビングを目的とした人々が集まります。

スポンサードリンク

 <  前の記事 世界遺産・オーストラリア カカドゥ国立公園  |  トップページ  |  次の記事 世界遺産・オーストラリア タスマニア原生地域  > 

         

更新履歴

    • seo
このページについて

このページは「世界遺産・ザワールドヘリテージ」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。