Top >  オセアニア地域の世界遺産 >  世界遺産・オーストラリア カカドゥ国立公園

スポンサードリンク

世界遺産・オーストラリア カカドゥ国立公園

「カカドゥ国立公園(Kakadu National Park)」は、オーストラリアノーザンテリトリーにある国立公園の一つです。1981年にユネスコ世界遺産(複合遺産)に登録されました。このカカドゥ国立公園内には、アボリジニの描いた洞窟壁画が1000以上も残されているのを発見されています。
時代によって、描かれている絵のモチーフや技法は変わっています。中でも有名なのは、レントゲン技法です。この技法を使って描かれた肺魚や海ガメの骨格、内臓の壁画等があり、紀元前5000年前と推測されています。
アボリジニの方言の一つ「カカドゥ」は、ガグジュとも呼ばれています。これら民族集団の子孫達は現在でもカカドゥに住んでいます。もっとも、今ではもうこのような方言を話す民族集団はありませんが。
カカドゥ国立公園内の気候は、10月から4月の間は雨期となり、5月から9月の間の乾期となります。雨季は、観光に向かないのですが、乾期には十分に観光が楽めます。

スポンサードリンク

 <  前の記事 世界遺産・インド共和国 チャトラパティ・シーヴァジー・ターミナス駅  |  トップページ  |  次の記事 世界遺産・オーストラリア グレート・バリア・リーフ  > 

         

更新履歴

    • seo
このページについて

このページは「世界遺産・ザワールドヘリテージ」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。