Top >  アジア地域の世界遺産 >  世界遺産・インド共和国 チャトラパティ・シーヴァジー・ターミナス駅

スポンサードリンク

世界遺産・インド共和国 チャトラパティ・シーヴァジー・ターミナス駅

チャトラパティ・シヴァージー・ターミナス駅(Chhatrapati Shivaji Terminus)は、2004年に、ユネスコ世界遺産に登録されました。インド・ムンバイにある鉄道の駅で、ムンバイ近郊鉄道や、他の長距離鉄道も乗り入れています。
チャトラパティ・シヴァージー・ターミナス駅は、インドで最も乗降客の多い駅で、インド中央鉄道の本拠地でもあります。旧名は「ヴィクトリア・ターミナス駅」(Victoria Terminus)。名称が長いため、省略して「CST」または「VT」と呼ばれています。駅舎は、ベネチアゴシック建築様式の壮麗で豪奢な建築物です。インドの伝統的建築とヴィクトリア朝のゴシック・リヴァイヴァル建築との融合が見られるのが特徴です。
チャトラパティ・シヴァージー・ターミナス駅は、19世紀の鉄道駅建築として驚くべき進歩的な構造と技術力を誇っていると言えるでしょう。

スポンサードリンク

 <  前の記事 世界遺産・インド共和国 タージ・マハル  |  トップページ  |  次の記事 世界遺産・オーストラリア カカドゥ国立公園  > 

         

更新履歴

    • seo
このページについて

このページは「世界遺産・ザワールドヘリテージ」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。