Top >  アジア地域の世界遺産 >  世界遺産・ネパール王国 カトマンズの渓谷

スポンサードリンク

世界遺産・ネパール王国 カトマンズの渓谷

ネパールの首都カトマンズのある盆地一帯をカトマンズ盆地と呼び、その中にカトマンズ渓谷(カトマンズけいこく)があります。ここは、1979年にユネスコの世界遺産(文化遺産)に登録されました。

主な宮殿・寺院・史跡も数多く存在し、シヴァ寺院、クリシュナ寺院、ダルバール広場、クマリの館、パタン博物館、スワヤンブナート、パシュパティナートそしてボダナートなどが良く知られています。カトマンズ渓谷と共に周囲の3つの古都、カトマンズ、パタン、バクタプルと、4つのヒンドゥー教および仏教の建造物群が複合遺産として世界遺産に登録されています。
3つの古都には、ネワール様式の歴史的建造物が15世紀頃のマッラ王朝時代に建てられ、数多く残されています。また神話には、カトマンズ盆地は、数千年前までは湖だったと記述されていて、実際にこの地の地層からは淡水魚の化石が発掘されています。
カトマンズ盆地にある都市には、数多くの、そして様々な神々の像がたたずんでおり、住民達はブッダもヒンドゥーの神々も区別することなく祈りを捧げています。中でも、生き神「クマリ」とは、信仰の形を象徴する存在で、仏教徒からもヒンドゥー教徒からも、共に女神の化身として信じられています。

スポンサードリンク

 <  前の記事 世界遺産・日本 知床  |  トップページ  |  次の記事 世界遺産・ニュージーランド ニュージーランド亜南極諸島  > 

         

更新履歴

    • seo
このページについて

このページは「世界遺産・ザワールドヘリテージ」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。