Top >  アジア地域の世界遺産 >  世界遺産・日本 厳島神社

スポンサードリンク

世界遺産・日本 厳島神社

厳島神社(いつくしまじんじゃ)がある広島県廿日市市の宮島(厳島)は、瀬戸内海の広島湾に浮かぶ周囲31キロの島です。この宮島は、日本三景の一つにもなっており、「安芸の宮島」とも呼ばれていています。また、厳島神社にある平舞台は、大阪市住吉区の住吉大社の石舞台、大阪市天王寺区の四天王寺の石舞台、と共に「日本三舞台」の一つにも数えられています。

厳島神社は1400年の歴史を持ち、島全体が古くから神道の信仰の対象とされていて、日本全国に約500社ある厳島神社の総本社ともなっています。
この神社内に祀られているのは「宗像三女神(市杵島姫命、田心姫命、湍津姫命)」です。現在の厳島神社の社殿は、およそ800年前に作られ、島の静かな入り江にあり、山と海の色と形状のコントラストに綺麗に映えています。
まるで、日本の風景美の概念を、人間の営みと自然との組合せをもって表しているかのようです。世界でもまれな海に浮かぶ社殿を持つ厳島神社は、平家の総帥平清盛が一門の栄華を願って平安時代の末期に造営した神社です。1996年に、ユネスコの世界遺産(文化遺産)に登録されました。

スポンサードリンク

 <  前の記事 世界遺産・日本 広島・原爆ドーム  |  トップページ  |  次の記事 世界遺産・日本 知床  > 

         

更新履歴

    • seo
このページについて

このページは「世界遺産・ザワールドヘリテージ」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。