Top >  アジア地域の世界遺産 >  世界遺産・日本 広島・原爆ドーム

スポンサードリンク

世界遺産・日本 広島・原爆ドーム

広島県広島市中区大手町1丁目にある、原爆ドーム(げんばくドーム)は、もともと大正3年に建造された「広島県産業奨励館」という建物でした。実際の爆心地は、原爆ドームから東へ200メートルほど離れた場所にある島病院でしたが、原爆ドームのすぐ西に、原爆投下の目標地点ともいわれるT字型の相生橋があります。
南の方向には、平和記念公園もしくは平和公園と呼んでいる「広島平和記念公園」が広がり、北には、広島電鉄の市内電車が走る相生通りや広島市民球場があります。

1945年8月6日、「リトルボーイ」と呼ばれた原子爆弾がアメリカ軍によって広島市に投下。その爆発時の熱線と衝撃波、放射能によって広島市は一瞬にして焦土と化し、同年12月までに計14万人が被爆死しました。爆発から10秒後には、広島の町全体が熱線と衝撃波とで壊滅し、その爆発は光を失った後、上昇気流で巨大なキノコ雲を作りました。
ニュース映像でよく見られるキノコ雲は、爆発から3分たった後の映像なのです。8月6日に起きた惨劇の象徴、また人類史上初めて使用された大量殺戮兵器・原子爆弾の惨禍を後世に伝える「負の遺産」がが原爆ドームなのです。原爆ドームは、1996年にユネスコの世界遺産(文化遺産)に登録されました。

スポンサードリンク

 <  前の記事 世界遺産・日本 白神山地  |  トップページ  |  次の記事 世界遺産・日本 厳島神社  > 

         

更新履歴

    • seo
このページについて

このページは「世界遺産・ザワールドヘリテージ」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。