Top >  アジア地域の世界遺産 >  世界遺産・日本 屋久島

スポンサードリンク

世界遺産・日本 屋久島

鹿児島県の島、屋久島(やくしま)は、九州の南端から南南西におよそ60キロメートルの洋上に位置し、自然遺産の一つとしてユネスコの世界遺産に登録されています。また、姫路城や法隆寺、白神山地と共に日本で初めて世界遺産に登録された場所でもあるのです。

この屋久島は、鹿児島県の島としては奄美大島に次いで2番目、また日本全国の中でも、北海道・本州・四国・九州は除いた中では9番目の大きさを持つ島です。屋久島の中腹の森には、屋久島のシンボルで樹齢1000年を超えた「屋久杉」を見ることができます。屋久島は豊かで美しい自然が残されていて、また多様で豊かな動植物の姿を見ることができます。ここでは、「一月に35日も雨が降る」と言われるほど多くの雨が降ります。これは、黒潮から発生した雲が屋久島にある約2000メートルの山々にぶつかる為です。
「屋久杉」の特別な存在は、数千年の寿命を持つ杉です。ここ屋久島では、樹齢1000年に満たない杉を「小杉」と呼び、1000年を超える杉だけを「屋久杉」と呼んでいます。屋久島では土壌が痩せているため、杉は少しずつしか成長できません。そのため、年輪は密になり、幹が硬くしまるため、1000年を超える寿命を持つようになったと考えられています。

スポンサードリンク

 <  前の記事 世界遺産・日本 姫路城  |  トップページ  |  次の記事 世界遺産・日本 白神山地  > 

         

更新履歴

    • seo
このページについて

このページは「世界遺産・ザワールドヘリテージ」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。