Top >  アジア地域の世界遺産 >  世界遺産・日本 姫路城

スポンサードリンク

世界遺産・日本 姫路城

「姫路城(ひめじじょう)」は、兵庫県姫路市(播磨国飾東郡姫路)にあり、日本の城郭建築の中でも最高傑作と言われており、江戸時代初期の1609年に池田輝政によって建造されたといわれています。

姫路城天守閣は、白漆喰の壁との絶妙な組み合わせ、幾重にも重なる屋根により、気品ある美観を作り出しています。飛び立つ白鷺に例えられる、白漆喰の城壁の美しさから、「白鷺城」とも呼ばれています。築城以来の姿を残す姫路城は、「天下の名城」または「日本一の名城」とも言われています。日本の四大国宝城(姫路城・松本城・彦根城・犬山城)の一つにも数えられています。
この姫路城は決して美しいだけの城ではなく、合戦の際に落城しない工夫をこらした難攻不落の要塞でした。そのため、決して容易くは天守閣に近寄れない設計となっていました。また、風水学を取り入れて作られたお堀には、不思議な力あるされ、太平洋戦争時に空襲を受け、姫路市内一帯が焼け野原になっても、姫路城だけは無傷で残っていたというエピソードもあります。

スポンサードリンク

 <  前の記事 世界遺産・日本 法隆寺地域の仏教建造物  |  トップページ  |  次の記事 世界遺産・日本 屋久島  > 

         

更新履歴

    • seo
このページについて

このページは「世界遺産・ザワールドヘリテージ」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。