Top >  アジア地域の世界遺産 >  世界遺産・北朝鮮 高句麗古墳群

スポンサードリンク

世界遺産・北朝鮮 高句麗古墳群

高句麗後期の古墳群は朝鮮民主主義人民共和国の平壌市と南浦市とにまたがるところに位置します。ここには数多くの美しい壁画が高句麗の人々の生活や、騎馬軍団の様子として残されていました。2004年に、この高句麗の古墳遺跡(こうくりのこふんいせき)が、ユネスコ世界遺産(文化遺産)として登録されました。北朝鮮としては初めて世界遺産登録です。

一度に63基もの、紀元前1世紀からおよそ700年間も続いた騎馬民族の高句麗の王、王族、貴族の墳墓が指定されました。高句麗の古墳遺跡には安岳3号墓(アナク3号墓)、徳興里古墳(トックンリ古墳)、修山里古墳(スサンリ古墳)、江西大墓などがあります。
ひときわ大きく墓の主である国王が、安岳3号墓の壁に描かれています。また、国王が率いる華やかな行列や、台所での調理の様子なども描かれています。徳興里古墳は、チン将軍の墓で、壁には甲冑で身を固めた兵士や馬達の騎馬軍団の姿が描かれています。朝鮮の民族衣裳であるチマに似たスカートのような長い衣裳を身につけた女性たちが、修山里古墳には描かれています。

スポンサードリンク

 <  前の記事 世界遺産・中国 秦始皇帝陵及び兵馬俑坑  |  トップページ  |  次の記事 世界遺産・日本 法隆寺地域の仏教建造物  > 

         

更新履歴

    • seo
このページについて

このページは「世界遺産・ザワールドヘリテージ」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。