Top >  アジア地域の世界遺産 >  世界遺産・中国 雲南・三江併流

スポンサードリンク

世界遺産・中国 雲南・三江併流

雲南省の北西部に位置する三江併流(さんこうへいりゅう)地域と呼ばれる場所があり、中国のチベット高原に源を有する三つの川があります。

この地域はアジアを代表する金沙江(長江上流部)、瀾滄江(メコン川上流部)、怒江(サルウィン川上流部)の三つの大河の源流が雲南省北部のデチェン蔵族自治州及び怒江リス族自治州を平行に流れています。これらの三つの川は、周囲の山々の高さは6000メートルにもなり、3000メートルの深い渓谷を縫って流れるといった特異な景観をしています。また地域内の気候は場所によって多様で、これが結果的に動植物層を多様化させ豊かにしたと言えるでしょう。2003年に三江併流は、ユネスコの世界遺産(自然遺産)に登録されました。
全世界の動物の内25%もの個体がこの三江併流地域には存在していると言われています。また中国政府によってリストアップされている種は791種あり、内198種は中国固有種です。植物でも中国固有種(2700種)を含め約6000種が確認されています。

スポンサードリンク

 <  前の記事 世界遺産・中国 黄山  |  トップページ  |  次の記事 世界遺産・オーストラリア パーヌルル国立公園  > 

         

更新履歴

    • seo
このページについて

このページは「世界遺産・ザワールドヘリテージ」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。