Top >  アジア地域の世界遺産 >  世界遺産・中国 峨眉山と楽山大仏

スポンサードリンク

世界遺産・中国 峨眉山と楽山大仏

中国四川省に位置する峨眉山(がびさん)と、長江の支流の断崖に高さ71メートルという世界一の高さを誇る楽山大仏(らくさんだいぶつ)は、1996年にユネスコ世界遺産(複合遺産)に合わせて登録されました。双方は距離的には離れています。

この地の名山である峨眉山と8世紀の唐代に作られた楽山大仏とは、仏教信仰と深い関連を持ちます。中国国内の仏教聖地の一つである峨眉山は、五台山、天台山と並び中国三大霊山の一つとして名高いのです。ここには、後漢時代から仏教寺院が建設され始めて、南宋時代には最盛期を迎えました。
この地域一帯は聖地とされていたために、大規模な開発もなく、地域の自然は非常によい状態で保たれていました。そのため数種の絶滅動物も生息し、植物層も豊かなことから、峨眉山の自然的側面も評価されています。楽山大仏は、船の事故を起こす激流を鎮めてもらいたいという願いをこめて作られました。楽山大仏は、川から一番よく見える位置に作られており、大きさは奈良の大仏のおよそ5倍もあるうえ、完成までには90年もの歳月を要しています。

スポンサードリンク

 <  前の記事 世界遺産・中国 九寨溝  |  トップページ  |  次の記事 世界遺産・中国 黄山  > 

         

更新履歴

    • seo
このページについて

このページは「世界遺産・ザワールドヘリテージ」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。