Top >  アジア地域の世界遺産 >  世界遺産・中国 九寨溝

スポンサードリンク

世界遺産・中国 九寨溝

九寨溝(きゅうさいこう)は、中国四川省西北部のガパ州にあります。自然保護区に指定されており、50キロほどの渓谷に原生林が生い茂り、大小100ほどの湖沼や瀑布が点在する景勝地です。チベット族の村落である「寨」が9つあったことから、この地域を九寨溝と名付けられました。

九寨溝は、大小100以上の沼が連なるカルスト地形の湖水地帯でもあり、石灰岩質の眠山山脈中に位置します。棚田状の湖沼は、眠山山脈から流れ出た水が滝となり作られました。
透明の湖底には、倒木に石灰が付着してできた樹氷のような「石灰華」が横たわっています。そして、堆積した腐葉土に植物が生え独特の景観を見せています。また多種の鳥類や、ジャイアント・パンダなどの動物たちが生息する場所としても知られています。
1992年にユネスコの世界遺産(自然遺産)に登録されました。九寨溝周辺は自然保護のために付近の開発も遅れ、1日の入場者数も制限されています。

スポンサードリンク

 <  前の記事 世界遺産・中国 泰山  |  トップページ  |  次の記事 世界遺産・中国 峨眉山と楽山大仏  > 

         

更新履歴

    • seo
このページについて

このページは「世界遺産・ザワールドヘリテージ」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。