Top >  アジア地域の世界遺産 >  世界遺産・中国 泰山

スポンサードリンク

世界遺産・中国 泰山

道教の聖地とされる「五岳」の中でも最も尊い山とされた、中華人民共和国・山東省泰安市にある山の泰山(たいざん)は、五岳独尊とも言われてきました。また「封禅(ほうぜん)」と呼ばれる祭祀・儀式が行われる山としても有名です。1987年に、ユネスコの世界遺産(複合遺産)に登録されています。泰山の高さは1545メートルあり、「中国人なら人生で一度は上りたい山」と言われるほどで御来光を拝もうと山頂を目指す人々の姿が絶えません。

秦の始皇帝が作らせたと言われている、泰山にある長い石段はおよそ7000段あります。最大の難所の急坂は十八盤と呼ばれる場所で、手をついて上るほどです。頂上までの間には、宿泊所や食堂が立ち並ぶ「天街」や門をくぐれば仙人になれるという「昇仙坊」などがあります。山頂は「玉皇頂」と呼ばれ、泰山の神を祀る寺院が建てられており、人々はそこで不老長寿や家族の幸せを願います。

スポンサードリンク

 <  前の記事 世界遺産・中国 武陵源  |  トップページ  |  次の記事 世界遺産・中国 九寨溝  > 

         

更新履歴

    • seo
このページについて

このページは「世界遺産・ザワールドヘリテージ」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。