Top >  アジア地域の世界遺産 >  世界遺産・中国 武陵源

スポンサードリンク

世界遺産・中国 武陵源

総面積2万6千ヘクタール以上の山岳地帯、中国湖南省張家界市に位置する武陵源(ぶりょうげん)は、長家界森林公園、索渓谷自然保護区、天子山自然保護区などからなる自然保護区の総称です。
武陵源は、3100本以上もの高さ200メートルを超える巨大な岩の柱が林立する絶景で、1992年にユネスコの世界遺産(自然遺産)に登録されました。

これらの岩の柱は石英でできていて、この石英でできた石柱のほとんどが高さ200メートル以上もあります。また、石英の含有率が75~95%もあります。そそり立つ巨大な石英の石柱の下には、清らかな渓流がや、豊かな森林が広がっており、地下には40あまりの洞窟が存在しています。このような絶景の武陵源はまさに山水画の世界そのものです。
1970年代に敷かれた鉄道がきっかけで、この山深い秘境の武陵源はようやくその存在が知られるようになりました。

スポンサードリンク

 <  前の記事 世界遺産・中国 万里の長城  |  トップページ  |  次の記事 世界遺産・中国 泰山  > 

         

更新履歴

    • seo
このページについて

このページは「世界遺産・ザワールドヘリテージ」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。