Top >  アジア地域の世界遺産 >  世界遺産・タイ王国 バン・チアン遺跡

スポンサードリンク

世界遺産・タイ王国 バン・チアン遺跡

古代文明の遺跡バン・チアン遺跡は、タイ・ウドーンターニー県・ノーンハーン郡にあります。1992年にバン・チアン遺跡は、ユネスコの世界遺産(文化遺産)に登録されました。
黄河文明やメソポタミア文明とは違いバン・チアン遺跡では、土器を中心に動物の骨なども見つかっており、東南アジア独自の文明として注目を集めています。

ここから発掘されている土器には、独特な幾何学的渦模様を持っています。ただし、タイの有史以前(紀元前数千年)の時代のもののため、文明の主である民族は今のところ不明とされています。
バン・チアンは元々森林地帯であった小さな村で、遺跡自体はかなり以前から土中から露出していました。その遺跡の土器は、周辺の村人によって拾われて、日用品として利用されていました。
しかし、その後これらの土器を保存する博物館が設置されました。1972年には国王プーミポンが訪れ、「この遺跡から発掘された物品はこの地にあるべきであり、バンコクの博物館等で展示すべきではない。」と言ったことで、バーンチエンに国立博物館が設立されたという経緯があります。

スポンサードリンク

 <  前の記事 世界遺産・タイ王国 アユタヤと周辺の歴史地区  |  トップページ  |  次の記事 世界遺産・タイ王国 ドンパヤーイェン-カオヤイ森林地帯  > 

         

更新履歴

    • seo
このページについて

このページは「世界遺産・ザワールドヘリテージ」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。