Top >  アジア地域の世界遺産 >  世界遺産・タイ王国 スコータイと周辺の歴史地区

スポンサードリンク

世界遺産・タイ王国 スコータイと周辺の歴史地区

タイ政府の歴史公園法により整備された3つの歴史公園「スコータイと周辺の歴史地区」は、1991年にユネスコの世界遺産(文化遺産)に登録されました。
タイ北部ではクメール民族にかわって、タイ民族が台頭してきた13世紀初頭に、スコータイ王朝が誕生しました。スコータイは三重の城壁に囲まれた王朝の都となりました。周辺には、タイ様式の起源を物語る王宮跡や寺院跡など、様々な建造物が点在しています。

王宮寺院のワット・マハタートは、スコータイ最大の遺跡です。「巨大な仏塔」を意味している、このマハタートはこのワット・マハタートの中央にあります。仏舎利が納められている塔の周囲では、スコータイ独自の仏である「遊行仏=歩く仏」を見ることができます。ロイ・カトゥーン呼ばれる灯籠流しが、旧暦の満月の夜に催されています。この行事は、蓮の花の形をした灯籠を川に流し偉大な王ラーマ・カムヘンを楽しませたのが起源だと言われています。

スポンサードリンク

 <  前の記事 世界遺産・スリランカ民主社会主義共和国 聖地キャンディ  |  トップページ  |  次の記事 世界遺産・オーストラリア ウルル(エアーズロック)-カタ・ジュタ国立公園  > 

         

更新履歴

    • seo
このページについて

このページは「世界遺産・ザワールドヘリテージ」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。