Top >  アジア地域の世界遺産 >  世界遺産・スリランカ民主社会主義共和国 聖地キャンディ

スポンサードリンク

世界遺産・スリランカ民主社会主義共和国 聖地キャンディ

古都キャンディ(Kandy)は、シンハリ朝最後の都で、スリランカの中央部の盆地に位置していました。
1815年にイギリスの植民地となったことで、古都キャンディとシンハリ朝は滅亡しました。しかし、仏陀の犬歯はダラダー・マーリガーワ寺院(仏歯寺)に残されて、現在でもスリランカにいる仏教徒のあつい信仰を集めています。これは、王権の象徴でもあったのです。

「聖地キャンディ」の名前で、1988年には、仏教の聖地としてユネスコの世界遺産(文化遺産)に登録されました。伝説によると、4世紀頃、インドの女王がこの国に嫁いだ時に仏歯がもたらされました。そしてシンハリ朝の仏歯を祀るために、ダラダー・マーリガーワ寺院(仏歯寺)は16世紀に建設されました。18世紀になると、普段は寺院内部で大切に保管されている仏歯を、外に持ち出す『ペラヘラ祭り』と言う祭りが始まりました。真夏に行われる年に一度のペラヘラ祭りはクライマックスになると、80頭もの象(=神聖な動物)の行列の周囲で3000人以上もの人々が踊るそうです。そしてそれは10日間にも渡り続けられます。

スポンサードリンク

 <  前の記事 世界遺産・シリア・アラブ共和国 パルミラ遺跡  |  トップページ  |  次の記事 世界遺産・タイ王国 スコータイと周辺の歴史地区  > 

         

更新履歴

    • seo
このページについて

このページは「世界遺産・ザワールドヘリテージ」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。