Top >  アジア地域の世界遺産 >  世界遺産・シリア・アラブ共和国 古代都市ダマスカス

スポンサードリンク

世界遺産・シリア・アラブ共和国 古代都市ダマスカス

1979年、中東でも最古の都市の1つである『古代都市ダマスカス』は、旧市街に残る歴史的な構造物として、ユネスコの世界遺産(文化遺産)として登録されました。
エジプト、メソポタミア、地中海地域を結ぶ交通の要衝の地として、バラダ川の南側に位置するダマスカス旧市街は形成されました。ダマスカス旧市街は、ローマが最初に建設したと言われている城壁に囲まれた歴史のある地域です。ちなみに現在まで残されている城壁は、アラブ人が十字軍やモンゴル帝国の侵略を防ぐために13世紀から14世紀にかけて、建築したものです。

ダマスカス旧市街は、狭く入り組んだ道になっていますが、東西に真っ直ぐと走っている道は、新約聖書にも登場したとされている道です。このダマスカス旧市街地にある『ウマイヤド・モスク』は世界最古のモスクと言われています。このウマイヤド・モスクはウマイヤ朝の支配下にあった715年に建築され、イスラム教の4大聖地の1つにも数えられています。

スポンサードリンク

 <  前の記事 世界遺産・カンボジア王国 アンコール遺跡  |  トップページ  |  次の記事 世界遺産・シリア・アラブ共和国 パルミラ遺跡  > 

         

更新履歴

    • seo
このページについて

このページは「世界遺産・ザワールドヘリテージ」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。